▼日曜日のコロガシレース
東京11レース

フェブラリーS

JCダートはテンの猛迫力でハナを奪い勝負付けした15トランセンドですが、
南部杯のレースぶりを見る限り、ややズブさを出し始めている現状に加え
スタートが芝のこの舞台ではテンのスピード勝負には不安があります。

9エスポワールシチ―が南部杯同様ハナを叩いて、淀みないラップで逃げる流れが濃厚です。

南部杯ではその底力で最後意地の差し切りを演じたトランセンドですが、
あの時も直線中程では手応えに怪しさがあり、上積みも望めない現状では同じペースで後続の強襲を受け止めるのは厳しいかもしれません。

ここは後続の逆転の可能性も十分考えられます。

10ワンダーアキュート
JCD、東京大賞典と着実にトップ路線への歩みを縮めており、この舞台でスピード勝負だと分が悪くなりますが、今週の乾いたダートは確実にこの馬に味方します。
久々のこの舞台は、3歳時の武蔵野Sで強い競馬を見せているようにコース適性もあります。
スタートさえ決めて中団あたりまでに付けられれば突き抜けも。

根岸Sを叩いて状態アップが伺える11ダノンカモンは、南部杯だけ走れば、ワンダーの位置取り如何ではこの馬にもチャンスがあります。

ハイペース必至であれば今回も最後方からジッと構える3シルクフォーチュンの末脚も注意が必要です。
今の乾いたダートでスタミナも問われる分、頭までの差し切りはやや厳し印象。

13グランプリボスはもう少しスピードが活きる馬場であれば面白い存在ですが、今の馬場では厳しいと思います。



▼土曜日のコロガシレース結果(会員様専用情報)

京都4レース

7サトノシーザー
ワールドエースのきさらぎ賞の週の追い切りで、併せ馬をした時から注目していた1頭。

折り合っているワールドエースの横で鞍上が抑えるのに苦労している印象も受けましたが、鞍上が放したらビュンと飛んで行きそうな手応えだったが強く印象に残っています。

ここまでの調教内容も先週勝ったマウントシャスタほどではないものの、水準以上の時計も出ていおりしっかり乗り込んまれているため、問題ありません。

気の勝ったタイプのため、外枠で前に壁が作れい場合に折り合い面での不安がありましたがこの枠なら不安はありません。

凍結防止剤を撒いてある今の馬場は前に行った馬に注意が必要です。
前半しっかり折り合えれば終いの脚はしっかりしていますので、追える川田騎手で狙える1頭となります。

1メイショウインロウ
大型馬で先週除外。除外で乗り込めたのはプラスですが、今週の追い切り内容はイマイチでした。

6エイコーンパス
中間はゲートばかりで、乗り込み不足です。

9ナムラガンリュウ
大型馬で時計がまだ詰まってきません。

12サカジロオー
今の馬場向きで、前に行って残れそうな1頭。



結果
1着 12サカジロオー
2着 6エイコーンパス
3着 7サトノシーザー


ワイド7-12 370円的中となりました。




2月25,26は基本コース週となります。
(コロガシコースの募集はありません。)

2012年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率62.5%(8戦5勝)
コロガシ成功率50%(4戦2成功)
純利益:58万8600円


2011年コロガシ競馬勝負週通算成績
的中率47.5%(80戦38勝)
コロガシ成功率35.9%(39戦14回成功)
純利益:689万1920円



競馬:基本コース(1週間):15000円

競馬:コロガシ勝負週:45000円


お申し込み方法


基本コース通算成績
的中率34.2%(73戦25勝)
回収率181.1%(251万6100→455万5560)
コロガシ勝負レースの結果は含んでいません。



有料会員様の詳しい内容はコチラから

お申し込み方法